全国パチンコ&パチスロ情報 メーカー提供の攻略・解析
top

業界ニュース | パチンコ・パチスロ・演出・天井・信頼度・大当たり確率・設定推測・ゾーン・ヤメ時・プレミアムまとめ

記事一覧



業界ニュース

パチンコにポセイドン降臨

2020/10/30
ユニバーサルエンターテインメントよりメーシー製の新機種『Pアナザーゴッドポセイドン-怒濤の神撃-』が発表された。

記事0画像1
記事0画像2

スペックは大当り確率319.68分の1、GOD GAME(以下GG)突入率約50%・継続率約83%の1種+2種タイプ。初当りが金図柄揃いなら時短19回+残保留4個のGGに直行、その他の図柄揃い後は時短5回+残保留4個のアトランティスゾーンに移行、ここで引き戻せばGG突入となる。GGは10R比率が約80%あり、突入時の期待出玉は約8000個もあるのだ。

また同社初となる遊タイムを搭載。通常時959回転消化するとGGへ直行するのだ。

記事0画像3

ホール導入時期は2021年1月を予定している。
この台をチェック!

今度の春一番は遊タイム+時短図柄

2020/10/30
西陣より新機種『P春一番〜恋絵巻〜』が発表された。本機は2019年に登場した『P春一番〜花札昇舞〜』に続く春一番シリーズ第8弾。

スペックは大当り確率319.69分の1、確変突入率100%・150回転まで継続するST機。遊タイム「蒼天モード」は低確率状態で959回転消化後に1214回の時短が付き、さらに時短図柄「花魁おもてなしモード」も搭載。時短図柄確率は319.69分の1で、時短回数は30回だ。この2モード中に大当りした場合はST150回終了後に時短958回の蒼天モードに突入する仕組みだ。

また同時に大当り確率199.80分の1、ST120回のライトミドルタイプ『MB』にリリースされている。

記事1画像3
記事1画像2
記事1画像4
記事1画像5
記事1画像1

演出は花魁の艶やかな演出が楽しめるシリーズ伝統のもの。ポイントとなるのは春一番5大演出の「鹿威し予告」「鯉群予告・リアル鯉群」「桜柄」「春風フラッシュ」「春一番リーチ」だ。

ホール導入時期は2021年1月4日を予定している。
この台をチェック!

2種でスーパーコンビが復活

2020/10/29
SANKYOより新機種『Pスーパーコンビα7500』が発表された。本機は1985年に登場し大ヒットした伝説の一発台の遺伝子を継承したマシンで、2000年に登場した3回セットタイプの『スーパーコンビSP』以来のシリーズ第4弾。

記事2画像1

スペックは2種タイプで、大当りすれば1500個×5セット(初回大当り+残保留4個)で一撃7500個もの出玉を獲得できるのが最大の特徴。大当りまでの流れは以下の通り。

1 飛び込み通過口を狙う
2 1段目の役モノ突破で3穴クルーンへ
3 3穴クルーン内の赤穴に入れば大当り
4 右打ちで大当りを消化
5 右打ちで電チューを狙い保留を貯める
6 小当り中にV入賞すれば大当り発生(5セット終了まで繰り返し)

ホール導入は2021年1月4日の予定。
この台をチェック!

ボーナスが加速する!? 新機軸マシン登場!!

2020/10/29
サミーより、新機種『パチスロ頭文字(イニシャル)D』が発表された。
カーレースで最速を目指す若者たちを描いた人気作品とのタイアップマシンが遂にホールデビューとなる。

記事3画像1

本機は「type-D」と銘打たれた新機軸のスペックが大きな特徴。
リアルボーナスとATにて出玉を獲得していくタイプと、これだけでも珍しいのだが、AT中はボーナスの出現率が大幅アップ(約1/261.0〜約1/215.2、ともに設定1の数値)するという、驚きのシステムが搭載されているのだ。

記事3画像2

AT「レジェンドラッシュ」は純増が約2.5枚/G。消化中はチャンス役を引くとゲーム数の直乗せ、ボーナス重複、特化ゾーン抽選など複数の抽選が行われるため、チャンス役のヒキがカギを握ることとなりそうだ。
原作での見どころである白熱のレース対決はATの継続をかけたバトルなどで楽しめる。

記事3画像3

記事3画像4

導入は2021年1月が予定されている。
この台をチェック!

花慶の日2020‐冬の陣‐ONLINE開催決定

2020/10/28
ニューギンは「花慶の日2020‐冬の陣‐ONLINE」を開催することを発表した。

記事4画像1

今年、8月7日・花慶の日に行われた「花慶の日2020‐夏の陣‐ONLINE」は大盛況に終わったが、さらに今年は原作「花の慶次‐雲のかなたに‐」連載30周年ということもあり、次なるイベント開催が決定したのだ。概要は下記のとおり。

開催日時:11月28日(土)
START:17:00予定ENDING:22:30(予定)
配信:Youtube live(予定)
特設サイトURL:http://www.newgin.co.jp/contents/hanakei2020fuyu/
チャンネルURL:https://www.youtube.com/user/newginchannel

内容は、角田信朗・大西洋平といったお馴染みのゲストに加えて、豪華ゲストを招いてのLIVE、花慶楽曲の魅力に迫るコーナー、夏の陣で好評の第二弾「続!かぶき会議」や川柳の格付けコーナー、クイズ大会などが予定されている。
この台をチェック!

とあるLINEのキャンペーン

2020/10/27
藤商事は『Pとある魔術の禁書目録』導入一週間前LINEキャンペーンを開催した。

記事5画像1

キャンペーンは、藤商事LINE公式アカウントとLINE友だちになって、トーク画面の応募アイコンをタップすれば、導入までの一週間、応募者全員に日替わり壁紙をプレゼントされるというもの。さらに抽選で20名にオリジナルQUOカードが当たるチャンスも。キャンペーン期間は11月2日まで。
この台をチェック!

豊丸のまったく新しい役モノ機

2020/10/26
豊丸は新機種『Pワイルドロデオ6750だぜぇ』のディザー映像を公開した。

記事6画像1

本機はお笑い芸人のスギちゃんをイメージキャラクターとして起用。映像からは「まったく新しい役モノ機」ということしかわからないが、機種名にある「6750」という数値も気になるところ。

なお、ディザー映像第2弾は10月29日、第3弾は11月2日に公開される予定とのこと。
この台をチェック!

ひと足お先に「GIフェアリーグランプリ」を無料体験!

2020/10/24
11月2日より導入が開始されるコナミアミューズメントの最新機種『〜ガールズケイリン〜GIフェアリーグランプリ』。
そのホールデビューに先行する形で、同機のPC向け無料体験版の配信が開始された。

記事7画像1

配布期間は12月11日まで。
興味のある方は動作環境などを確認したうえでインストールしてみよう。

※ダウンロードはコチラから
『〜ガールズケイリン〜GIフェアリーグランプリ』公式サイト
この台をチェック!

光り輝く新たな「ハナハナ」デビュー!

2020/10/23
パイオニアより、新機種『ニューハナハナゴールド-30』が発表された。
ハイビスカスランプによる告知でお馴染み、伝統の沖スロ人気シリーズ最新作が遂に6号機にてホールデビューを果たす。

記事8画像1

注目はなんと言っても機種名にもあるとおり黄金に光り輝く筐体。
遠い場所からもひと目でわかるそのインパクトはシリーズ随一と言える。

ゲーム性に関しては大きな変更はなくそのまま。
6号機ということで、ボーナスの獲得枚数がBIGで最大224枚、REGは最大112枚と抑えられているが、ボーナス合算確率は設定1でも1/186、ベースは約48Gと遊びやすさは高められている。

導入は2021年1月初旬より。見た目にもおめでたい気分にさせてくれる本機で初打ちをしてみるのも良いだろう。
この台をチェック!

運命を切り拓く、至高の技術介入マシンが復活!

2020/10/21
オーイズミより、新機種『パチスロひぐらしのなく頃に祭2』が発表された。
2010年に導入され、5号機でも屈指の技術介入度の高さ、ボーナスと完走型RTによる出玉性能でロングヒットを記録したマシンが遂にパチスロ界に完全復活する。

記事9画像1

スペックは獲得枚数の異なる3種類のリアルボーナスと、完走型ART「運命の解」にて出玉を獲得していくタイプ。
6号機仕様ということでRTではなくARTとなってはいるが、ボーナス後および通常ゲームを200G or 400G消化すると突入するCZ「運命分岐モード」からARTを引き当てるゲームフローは初代そのまま。ART機能となったことにより、純増が約1.0枚にアップし、ストックによる継続といった新たな仕様も獲得している。

記事9画像2

記事9画像3

目押し自慢のプレイヤーたちをうならせた、技術介入度の高さももちろん健在。通常時における変則押しでの小役奪取、CZでのARTの継続ゲーム数アップや、次回CZまでの天井ゲーム数短縮といった、目押し力によって勝率を確実にアップさせられる要素も完全に受け継がれている。

記事9画像4

さらに新要素として、CZでの転落回避をサポートする「回避ナビポイント」を搭載。また、本機オリジナルの映像やストーリーを採用するなど、原作ファンにも嬉しい仕上がりとなっている。

導入は12月21日より。目押しを武器に運命を切り拓け!
この台をチェック!


当サイトはリンクフリーです。
リンクを貼る場合にはご一報いただけますと幸いです。