全国パチンコ&パチスロ情報 メーカー提供の攻略・解析
top

業界ニュース | パチンコ・パチスロ・演出・天井・信頼度・大当たり確率・設定推測・ゾーン・ヤメ時・プレミアムまとめ

記事一覧



業界ニュース

確変非報知にドキドキ! トータル・イクリプス

2019/09/18
記事0画像1

SANKYOより新機種『PF.トータル・イクリプス』が発表された。本機は小説や漫画、ゲーム、テレビアニメなどマルチメディアで人気を集めた吉宗鋼紀の人気作品とのタイアップ機。

記事0画像2

スペックは大当り確率199.8分の1、確変突入率18%(電チュー74%)次回まで継続する確変ループタイプ。初当り後は必ず確変or時短のバトルor恋愛モードに突入(モードは選択可能)し、101回転以上継続すれば確変確定&高速モードのアルティメットor超バカンスモードに移行する仕組みだ。基本的に100回転までは確変か時短かがわからなくなっているが、多彩な確変示唆演出や、大当り時の出玉が多いほど確変の可能性が高まるなど、右打ち中は確変を推測しながら楽しむことができる。

演出では異星起源種・BETA(ベータ)が接近し緊迫感が強くなるほどチャンスで、BETA歯役モノが落下すれば大チャンス到来。さらに絶叫BETAゾーン、全機出撃予告、スカーレットツイン暴走予告、死の8分リーチのキーポイント演出にも注目だ。

ホール導入時期は11月18日を予定している。
この台をチェック!

「AbemaTV」でパチンコ特番が放送決定!

2019/09/17
無料で番組を楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」にて、パチンコ・パチスロ関連の特別番組「岡野陽一の火曜じゃNIGHT Supported by Sammy 〜日本一のぱちんこ・パチスロ芸人が初冠特番!」が放映されることとなった。

記事1画像1

同番組ではお笑い芸人・岡野陽一がメインMCを担当。ゲストとしてお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣、人気音楽グループ、ケツメイシのメンバー・DJ KOHNO、タレント・モデルの大石絵理、そしてライターとしては塾長、しおねえの2人が出演する予定だ。

パチンコ・パチスロの魅力を語り合ったり、実戦の模様を1時間に渡ってお届けするぞ。
放送日は9月24日、10月1日の2回。いずれも午後11時より。

パチスロの新ブランド「カルミナ」がお披露目!

2019/09/13
9月13日、ネットの新ブランドとして新規参入するパチスロメーカー「カルミナ」のお披露目会が開催された。

発表会は歌手の栗生(くりゅう)みなさんによる、ネットの最新機種『スーパードラゴン』に収録の楽曲「千年海唄」の熱唱からスタート。

記事2画像2

続いて司会を担当するパチスロライター・ガル憎さん、またガル憎さんと昔から付き合いがあるというカルミナの代表取締役社長・佐藤圭一氏、同メーカーの機種でキャラクターボイスなどを担当している人気声優・徳井青空(とくい そら)さんもゲストとして登場した。

記事2画像1

ステージでは参考出品としてではあるが『ハイドラ-30』『ミルキィホームズ 1/2の奇跡』『Wake Up,Girls! 7つの軌跡』の3機種を早くもお披露目。ATを使って4号機のAタイプ(5号機でのノーマルタイプ)のようなマシンを再現するコンセプト「AAA(トリプルエー)」、また音・光・操作性などあらゆる点にこだわった筐体「The LIVE」に関しての説明が行われた。

記事2画像3

記事2画像4

記事2画像5

同社の社長・佐藤氏は根っからのパチスロ好きで、長らくパチスロ機の開発に携わっていたということで、その手腕を活かしたマシンの登場に期待できそうだ。

『天下布武4』のティザームービーが公開!

2019/09/12
山佐の新機種『天下布武4』のティザーサイトがオープン。それに伴い、現在ティザームービーが公開されている。

記事3画像1

シリーズ第4弾となる今作のテーマは「バブル」。40代、50代にはどこか懐かしい、昭和臭あふれる演出が満載となっている。
詳しいゲームシステムについては不明だが、今回も「覚醒」からの「天雅モード」突入が出玉増の要となっているようだ。

ドラム恐竜最新作登場!

2019/09/11
サミーより新機種『Pガオガオキング3』『デジハネPAガオガオキング3』が発表された。本機は2016年に登場した「2」に続くシリーズ第3弾。

記事4画像1

スペックは『Pガオガオキング3』が大当り確率約199.8分の1、確変突入率20%(電チュー100%)・100回転まで、『デジハネPAガオガオキング3』が大当り確率約99.9分の1、確変突入率1%(電チュー100%)・30回転までという、どちらも確変ST機。初当り後は主に時短に突入し、時短中の引き戻しでST・HYPER G-RUSH(デジハネはST30回+時短70回)突入を目指すというゲーム性だ。HYPER G-RUSHの継続率はいずれも約80%となっている。

記事4画像2
記事4画像3

演出ではシリーズ伝統の激アツ演出・ドデカT-REXに加えて、ロゴVISIONにもT-REXが登場するダブルドデカ演出が最大の見どころ。またメインリールの横に搭載されたWILDリールもポイントだ。

ホール導入時期は10月21日を予定している。
この台をチェック!

導入直前! 「逆シャア」試打会を全国8会場で開催!!

2019/09/10
きたる9月17日よりホール導入が開始される、SANKYOの新機種『F.機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の一般ファン向け試打会が、9月14日(土)に開催される。

記事5画像1

会場はSANKYOショールームで、札幌・仙台・高崎・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の全8ヵ所。
当日は「逆シャア」の試打はもちろんのこと、各会場にパチンコライターがゲストで登場。また、来場者にはオリジナルグッズのプレゼントもあり(数量限定)。

各会場ともに、開催時間は12時から15時を予定。
入場は無料で18歳以上であれば誰でも参加できるぞ(事前申し込みの必要なし)。
この台をチェック!

華牌とローズテイルがコラボ!

2019/09/09
記事6画像1

豊丸の新機種『P華牌R〜猿渡翔がローズテイルにやってきた〜』のプレス向け説明会が開催された。奥村より過去2機種発売され人気を集めたリアル麻雀パチンコが、豊丸の萌え機種『ローズテイル』とコラボして復活する。

記事6画像2

スペックは大当り確率129.8〜106.9分の1、確変突入率80%、確変転落抽選タイプ。大当り後は電サポ50〜100回+αの華牌道に必ず突入、電サポ中の大当りは通常時よりも賞球が1.5倍になっているため、出玉が1.5倍得られる親システムを搭載しているところが特徴だ。

記事6画像3
記事6画像4

演出の特徴は、プロ麻雀団体の麻将連続監修によるリアル麻雀エンジンを搭載し、リアルな手牌進行を再現しているところ。和了翻数に応じて大当りラウンド数も増える仕組みだ。また豊丸らしいハチャメチャなアクションが楽しめる演出も見どころで、特に本機最強リーチの「義元決戦リーチ」は必見だ。その他では義元決戦リーチを含む4大注目演出もポイント。

記事6画像5

ホール導入時期は11月5日を予定している。
この台をチェック!

6年ぶりの平和猪木復活ダァー!!!

2019/09/06
オリンピア(平和グループ)より、新機種『闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機』が発表された。
4号機ATから続く名物シリーズが約6年ぶりにホールにリングインする。

記事7画像1

スペックはAT「闘魂チャンス」をメインに出玉を獲得していくタイプ(疑似ボーナスも搭載)。
ATは初代『アントニオ猪木という名のパチスロ機』を彷彿とさせるナビ回数管理型で、1セットで最低10回〜最大100回のナビ消化まで継続。1Gあたりの純増は約4枚だ。
消化中はチャンス役や6択チャレンジ成功からのナビ上乗せもあり、6択チャレンジでは正解の押し順がナビされる「闘魂注入」が発生する可能性も。

記事7画像2

記事7画像3

通常時はチャンスゾーン「闘魂グランプリ」からのAT突入がメインルート。
チャンスゾーンは勝利期待度約80%のバトルに3連勝すればクリアとなるが、AT確定後はさらに「炎超戦(えんちょうせん)」に突入し、バトル勝利のたびにATのセットストックが獲得できる。さらに8戦目まで勝ち続ければ、勝利で最強の出玉トリガーである「道」が発生する「最終決戦」突入となるぞ。

記事7画像4

時に熱く、時にコミカルに、燃える闘魂が大暴れする本機の導入は10月21日より。
この台をチェック!

衝戟の全突フルスペックマシン

2019/09/05
記事8画像1

平和は9月5日、新機種『P亜人』のプレス発表会を開催した。本機は「good!アフタヌーン」にて好評連載中の桜井画門の人気作品とのタイアップ機。

記事8画像2

スペックは『P亜人〜衝戟の全突フルスペック!〜319ver.』は大当り確率319.6分の1、RUSH突入率100%・継続率約82%の1種+2種タイプ。すべての大当り後に電サポ12or100回+残保留4個のSUPER亜人RUSHに突入するのが最大の特徴だ。なお大当り確率199.8分の1でRUSH突入率約50%の『〜衝戟に備えろ!〜199ver.』もラインアップされている。

記事8画像3

またヘソにトリプルポケットを搭載しているところもポイント。右側2つが特図1のスタートチャッカーで、一番左がスルーとなっている。スルー通過で普通図柄が変動、3つ揃いしたら右打ちすると特図2で抽選され、約9.9分の1で大当りするという仕組みだ。ヘソ入賞で必ず特図1が回らない分は、RUSH性能上昇にあてられている。

記事8画像4
記事8画像5

演出ではCLIMAX BATTLEリーチ VS佐藤と、ストーリーリーチが2大リーチとなっており、さらにこれらへの発展の契機となる衝戟カットインにも注目だ。

ホール導入時期は11月5日を予定している。
この台をチェック!

「パチスロあのはな」が早くもアプリに!

2019/09/04
サミーネットワークスが運営するスマホ向けパチンコ・パチスロゲームアプリ「777TOWN mobile」にて、9月3日よりサミーの最新機種『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の配信が開始された。

記事9画像1

ホール導入から約1ヶ月という早いタイミングでアプリ化されたため、じっくりと楽しむだけでなく、実機をプレイする上での研究としても活用できそうだ。

「777TOWN mobile」はiOS、Androidいずれにも対応。価格は「遊び放題コース」が月額1,000円(税抜)。

※対応OSのバージョンなど、詳細は各ストアをご確認ください
この台をチェック!


当サイトはリンクフリーです。
リンクを貼る場合にはご一報いただけますと幸いです。