全国パチンコ&パチスロ情報 メーカー提供の攻略・解析
top

業界ニュース | パチンコ・パチスロ・演出・天井・信頼度・大当たり確率・設定推測・ゾーン・ヤメ時・プレミアムまとめ

記事一覧



業界ニュース

ROKUROKUな美女

2020/02/23
三洋・東京支店にて開催された『P ROKUROKU 6000Ver.』のプレス説明会を彩った美女を紹介しよう。

記事0画像1
記事0画像2
記事0画像3

この台をチェック!

6号機でも「究極Vモンキー」炸裂!?

2020/02/22
山佐より、新機種『パチスロ モンキーターンIV』が発表された。
ボートレースをテーマにした人気作品とのタイアップ機第4弾だ。

記事1画像1

本機は2011年に導入され、ゲーム数テーブルによるART抽選や強力な上乗せ性能にて、ロングヒットを記録した初代を継承。
AT「SGラッシュ」は1セット40G+α継続で純増枚数は約2.7枚/G。伝統のシナリオ管理によるセット継続タイプとなっており、ゲーム数上乗せ特化ゾーンやセットストック上乗せのチャンスもあり、初代と変わらぬ楽しみ方ができる。

記事1画像2

記事1画像3

記事1画像4

通常時は規定ゲーム数消化やCZにて初当りを目指すゲーム性だが、「勝負駆けチャレンジ」と名付けられたゾーンにて通常ゲーム数の加算が可能となっており、期待できるゲーム数のゾーン以外では稼働が低くなるというゲーム数テーブル方式の弱点ともいえる点を克服している。

新たなスペックで初代の興奮を味わえる本機、導入は5月11日からが予定されている。
この台をチェック!

待望のセカンドシーズン、まもなく開幕!

2020/02/21
サミーより、新機種『パチスロ<物語>シリーズ セカンドシーズン』が発表された。
「パチスロ化物語」「パチスロ偽物語」に続く、<物語>シリーズとのタイアップ第3弾となる。

記事2画像1

スペックは純増約2.8枚/GのAT「倖時間(ハッピータイム)」にて出玉を獲得していくタイプ。
基本的には2013年に導入され、惜しまれつつも撤去期限を迎えた『パチスロ化物語』のゲーム性を継承、進化させた形となっている。

記事2画像2

記事2画像3

ATはお馴染みの特化ゾーン「倍倍チャンス」からスタート。差枚数管理型で、AT中はいたるところにロング継続のカギが用意されているようだ。

演出では「<物語>シリーズ セカンドシーズン」として放映されたアニメ「猫物語(白)」「傾(かぶき)物語」「花物語」「囮物語」「鬼物語」「恋物語」の6作品を網羅。歴代シリーズ機種最高峰の演出ボリュームで展開されるぞ。

導入は3月中旬より。
この台をチェック!

ホームランで最大4000発!

2020/02/20
平和よりアムテックス製新機種『Pホームランキング』が発表された。本機は機種名からもわかるように野球をモチーフにしたオリジナルマシン。

記事3画像1

スペックは大当り確率99.9〜78.3分の1の1種+2種タイプ。ゲームの流れは以下の通り。

1.液晶左にあるワープを狙う
2.タイミングよくヘソに入れば図柄変動
3.図柄テンパイ後にバッターが打ち返すとルーレットリーチに
4.ホームランならホームランBONUS後にヴィクトリーロードへ
5.ヒットの場合はチャレンジBONUS中の演出成功でヴィクトリーロードへ


記事3画像2

特徴の1つが「クギナイン」と名付けられゲージで、ワープの上からスタートまで主要箇所に釘の無い構造なっているところ。これにより今まで以上に安定した回転率が見込めるのだ。

記事3画像3

もう1つが本機のメイン出玉トリガーのヴィクトリーロード。時短1回+残保留最大3回の計4回のチャンスタイムで、この間の大当り確率は実質1.8分の1、大当りはすべて約1000個となっており、すべて大当りすれば約4000個もの出玉が獲得できるのだ。

記事3画像4
記事3画像5

演出では巨大ルーレットを使った迫力のルーレットリーチが最大の見どころ。またチャレンジBONUS中に発生するラウンド演出・サヨナラチャンスも興奮度満点だ。

ホール導入時期は3月2日を予定している。
この台をチェック!

驚異の1G連+3回ループマシン

2020/02/19
マルホンは2月17日、同社東京支店にて新機種『P D-CLOCK』の発表会を開催した。本機は巨大な時計役モノが目を引くオリジナルマシン。

記事4画像1
記事4画像2

発表会は山内菜緒さんが進行役で、ステージにはバイヤー田中こと同社営業部取締役の田中氏に加えてゲストにパチスロ実戦動画で活躍中のシーサ。さん、さらにセクシー女優の涼美ほのかさんと乙咲あいみさんも登壇。機種説明は主に田中&シーサ。のコンビで進行、パチ歴の薄い涼美&乙咲さんはその美しいスタイルで会に華を添えた。

記事4画像3

スペックは大当り確率197.4分の1の1種+2種タイプ。大当りはSUPER RUSH(時短1回+残保留2回=合計3回)付きのBIGとREGの2種類で、SUPER RUSH時は必ず1G連しBIG割合は50%、再度BIGで大当りした場合は再び3回のチャンスが付く仕様。簡単に言えばBIGで当たれば後3回大当りが得られる3回ループタイプで、REGで3回連続大当りしない限り継続、継続率は約87.5%だ。

記事4画像4

会後半では本機の特徴である「3回の大当り中に1回でもBIGを引けば継続」という連チャンシステムを大量カラシ入りシュークリームを使ってバイヤー田中氏が実演。カラシ入り=BIGで、最初の2回は見事に甘い方を獲得。3回目はシーサ。さんにも加わわり、そこで見事に大当り(?)のカラシ入りシュークリームをGETし、泣きながら連チャン性能を証明した。

記事4画像5

演出は筐体中央にある時計役モノとその下にある7セグがメインで、打てば打つほど楽しめる多彩な法則が盛り込まれている。

ホール導入時期は4月20日を予定している。

初当りの半分で6000発!

2020/02/18
記事5画像1

高尾は新機種『P ROKUROKU 6000Ver.』のプレス説明会を開催した。本機は雨宮慶太原作・総監督のホーラー映画とのタイアップ機。

記事5画像2
記事5画像3

スペックは大当り確率319.6分の1、確変突入率50%(電チュー100%)・次回まで継続、6回リミッター付きの確変ループタイプ。初当り確変or時短引き戻しで大当り6回分・約6000個の出玉が獲得できるROKUROKU IMPACTに突入する。さらに6回セット終了後には時短に突入するが、時短回数は最低6回、最大は96回で、最大時の引き戻しは約27%もあるところも特徴だ。

記事5画像4
記事5画像5

演出は雨宮ワールド全開で、美しくも恐ろしい演出の数々でプレイヤーを魅了。また機種名にもなっているが、「6」にフューチャーしており、本機では7図柄よりも6図柄の方が強く設定されている。

ホール導入時期は4月6日の予定。
この台をチェック!

「ユニバカ×サミフェス 2020」の開催が延期

2020/02/18
2月22日に開催が予定されていた「ユニバーサルカーニバル×サミーフェスティバル 2020」の開催延期が主催者より発表された。

「新型コロナウィルス」の状況をかんがみて、来場者や関係者の健康や安全面に配慮した結果となっている。
今後の対応や開催日程に関しては、同イベントの公式サイトやTwitterの公式アカウントにて発信するとのこと。

「ゾロ目」がアツい名作沖スロ、復活!

2020/02/17
パイオニアより、新機種『ビッグシオ-30』が発表された。2002年にストック機として登場した初代、2010年にボーナス+ARTタイプでデビューした『ビッグシオV』に続くシリーズ第3弾だ。

記事7画像1

スペックは純増約3枚/Gのボーナス(AT)で出玉を獲得していくタイプで、同シリーズお馴染みの「ゾロ目がアツい」ゲーム性はしっかりと継承。通常時はリール上部の7セグにてゲーム数が表示されるのでゾロ目ゲーム数に注目してプレイしよう。

また通常時のチャンス役ではボーナス直撃抽選だけでなく、内部状態の抽選も発生。
高確・超高確滞在中にボーナスに当選すると消化中の1G連抽選が優遇されるぞ。

6号機沖スロ期待の新星、導入は5月下旬からが予定されている。
この台をチェック!

連続アガリでクライマックスを目指せ

2020/02/12
三洋より、新機種『パチスロ 咲-Saki-』が発表された。同社からすでにパチンコ機種がデビューしている人気美少女麻雀バトル作品とのタイアップ機だ。

記事8画像1

スペックはボーナス(AT)のループで出玉を獲得していくタイプ。
ボーナスループのカギを握る「麻雀バトル」へはBIGボーナス終了後に突入し、バトル勝利時は獲得枚数の多いBIGボーナスのみが当選する点が大きな特徴だ。
また一般的なマシンの引き戻しゾーンとは異なり「麻雀バトル」中は出玉が現状維持となるため、ボーナスでの獲得枚数が失われることはない。

記事8画像2

記事8画像3

さらにボーナスには次回勝利濃厚となる「親番BIGボーナス」や、ループ期待度が約90%の「クライマックスバトル」といったトリガーも用意されている。

通常時は初当りの早さや出玉力に影響する内部モードに注目。モードは複数用意されており、例えば点数をプラマイゼロにする能力を持つ主人公・咲のモードであれば、トータル差枚数がマイナスの時に初当りを引くと、プラマイゼロのラインまで出玉獲得に期待できるといった一風変わったシステムとなっている。

導入は今春、4月6日より。
この台をチェック!

三冠達成で平均6000発!

2020/02/10
記事9画像1

SanseiR&Dは新機種『P GI DREAMROAD』を発表、2月10日にメディア向け内覧会が開催された。本機は本格競馬パチンコ「GI DREAM」シリーズの第3弾で、前作「最強馬決定戦」から7年ぶりの登場となる。

記事9画像2
記事9画像3

スペックは大当り確率219.91分の1、確変突入率52%(特図2:80%)・次回まで継続する確変ループタイプ。初当り後は主に確変チャレンジ(東京優駿 日本ダービー)にて勝利すると確変・電サポ次回まで・特図1消化(継続率51%)の三冠チャレンジ(菊花賞)に突入。そして三冠チャレンジにて2着以上になれば確変・特図2消化(継続率80%)のGIドリームロードに突入する仕組みだ。GIドリームロード中は50%が約1500個の10R大当りで、平均約6000個もの出玉を獲得できる。

記事9画像4

通常時の演出は3つのステップレースを突破し、最終レースとなる皐月賞出走を目指すのが主な流れ。画面左にある4つの馬アイコンで好機を知らせる「チャンス馬アイコン」なども搭載されている。

記事9画像5

ホール導入時期は4月6日を予定している。
この台をチェック!


当サイトはリンクフリーです。
リンクを貼る場合にはご一報いただけますと幸いです。